【2024年北海道旅】6日目 福井県の「道の駅うみんぴあ大飯」を出発し、230km走行して石川県羽咋市へ!宇宙人の模型を見に来ました

2024年北海道旅

昨晩は福井県の「道の駅うみんぴあ大飯」にお世話になりました。


こんにちは。

おでかけ部のなかじです。


今朝は7時に起床!

空は快晴です\(^o^)/ 最高に気持ちいです♪


いつもより起きるのが早いのには理由があります。

実は明日、石川県羽咋(はくい)市にある「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」へ行く予定にしていたのですが、なんと火曜日は休館日。

本来、今日は石川県白山市にある「道の駅めぐみ白山」にお世話になり、明日「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」へ行く予定でした^^;


そのような理由から、230km(時間にすると5時間ほど)走行して羽咋市まで行くことに。

途中で休憩することも考えて、「道の駅うみんぴあ大飯」を少し早く出発するための早目の起床でした。


とりあえずいつものようにコーヒーを淹れて、トーストで朝ご飯。


トイレへ行き、車内を片付けて9時半に「道の駅うみんぴあ大飯」を出発!

お世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m


結局、一度も休憩すること無く、14時20分に羽咋市にある「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」に無事に到着。

疲れました(-_-;)


普段あまり観光をしない私がなぜ「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」へ来たかというと、こちらにはロズウェルに墜落したUFOから回収されたという宇宙人の解剖フィルムに基づいて作られた宇宙人の模型が展示されているのです。

この模型は1996年にフジテレビの番組で使用されたもので、リアルタイムでこの番組を
見ていて、少し怖かったことを記憶しています^^;

あまり公に言うことは無いのですが、そこそこUFOや宇宙人について興味があるのです(^_^)v


というわけで、早速博物館へ!


パイロンに宇宙人が^^;


展示室への入場料が500円、コスモシアター入場券が500円なのですがセットだと900円に。

最終のシアターが15時からで運良く間に合うのでセットでお支払い。


2階の展示場へ。

こちらの博物館の凄いところは宇宙船や探索機の実物が展示してあるところ!


実物の「ボストーク宇宙船」(旧ソビエト連邦)。


NASAで設計・試作された実験用プロトタイプの「ルナ/マーズ・ローバー」(アメリカ合衆国)。


他にも沢山の展示物があります。


そして私が一番見たかった宇宙人の模型が!

なかなかリアルで、この歳になっても少し怖いですね^^;


他にもUFOの写真や解説付きの動画なども見れました。


すると15時前10分になり、館内放送でシアターの案内が。

シアタールームは3階なので、更に階段を登っていると宇宙人を発見\(^o^)/

下を向いて階段を上がっていて、急に目に飛び込んできたので少しビックリしました^^;


シアタールームは撮影禁止でしたが「ボイジャー惑星探査機」に関する映像でした。


全て見終わり1階へ。

宇宙人のキーホルダーを購入しました^^


サラッと見て回れるぐらいの内容なのですが、やはり宇宙船や探索機の実物が展示してあるというのが素晴らしい!

一度見てみたかった宇宙人の解剖模型も見れたし大満足でした(^_^)/


キャンピングカーへ戻ると、消化器を枕にして寝ているみゅうちゃんが(=^・^=)


「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」を出発し、「ドラッグストア コスモス 羽咋店」で少しお買い物。


16時半に「道の駅のと千里浜」へ到着(^_^)/

本日はこちらにお世話になることに。


物産館へ行き「チャンピオンカレー柿の種」を購入^^


千里浜砂像も見てきました^^


キャンピングカーへ戻り、お客さんへのメルマガを作成して予約完了!

晩ご飯は「材料とまぜるだけ!」シリーズの「赤辛もやし」を使ったもやし料理。

厚揚げも少し入れました^^

味がしっかり付くので、普通にご飯のおかずになります。


食後にトイレへ行くのに外へ出ると夕焼けが綺麗でした。


さて、2日連続で移動したので明日は富山県の無料キャンプ場へ(^_^)/

海が見えるキャンプ場のようで、2泊ほどのんびりしようかなと思っています。


それではまた(^_^)/

タイトルとURLをコピーしました